ガレージのある和モダンの家

奥行きの長い敷地において、手前側をガレージ、中庭をはさんで奥に住居のある構成となっています。ガレージはその機能にとどまらず、街に対する門構えのように、そして道路に圧迫感を与えないように配慮しました。格子から垣間見える中庭が、パブリックとプライベートの程よい関係を保っています。

 

写真は、ToLoLo studio 谷川氏よりお借りしております。