united white cubes

閑静な住宅地にあるこの計画に求められたのは、プライバシーの高さと開放的な空間の実現という相反する課題をどう解決するかということであった。LDKとほど同等の広さを持つコートを設け、それを白い壁で覆うことで、LDKとひとつながりの空間を創りだしている。少しすつ積み重ねられた白い箱は、内部空間の豊かさが外観に表現されている。

写真は、株式会社建築設計事務所フリーダムおよび村上将城よりお借りしております。